虫歯治療

 

歯の治療は、放置しておいた期間が長くなればなるほど状態が悪化し、治療期間も費用もかかってしまうものです。虫歯や歯周病になってしまった歯は、周りの歯に影響するだけでなく、噛むことにも影響し、胃や腸の消化器官に負担をかけるなど健康にも大きな関係を持ちます。虫歯の初期段階で治療を行うことは歯の延命になります。一日も早い治療をオススメします。虫歯かなっと思ったら、早めに歯科医に相談しましょう。

 

治療のながれ

coー虫歯の初期段階

 


エナメル質の表面が酸によって白く濁った状態、又は溝が茶色になった状態です。 見た目にはほとんどわかりづらい、虫歯の初期状態です。 この程度なら再石灰化が期待できますので、しっかりケアして進行を防ぎましょう。 また、フッ素により、虫歯の進行の予防ができますので歯科医院での相談をお勧めします

c1-虫歯の中期段階

 


 エナメル質内に細菌が進入して穴が空いた状態です。 ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できません。 また、この時点では、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。 穴の状態が小さいうちに治療しましょう。

c2ー虫歯の後期段階1

 


 象牙質まで細菌が進入した状態です。 象牙質はやわらかいので、虫歯は中で大きく広がります。 大きくなると冷たい水や風がしみるようになります。 甘いものや温かいものがしみるようになると歯髄(神経)を取る可能性が高くなります

c3ー虫歯の後期段階2

 


 歯髄まで細菌が進入した状態です。 歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こし強い痛みを感じます。熱い食べ物や飲み物がとてもしみます。これを歯髄炎といいます。

c4ー虫歯の末期段階

 


 歯の根だけが残る末期症状。神経が死んでしまい痛みはなくなります。さらに放置すると、炎症が起こり、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。

神経が死んでしまって膿がでる段階

細菌の勢力と体を守っている免疫のバランスが崩れると、膿 [うみ] の量が増えて激しい痛みが出ます。 症状がある場合や根尖病巣が大きい場合は、根の中に消毒薬を入れて細菌の数を減らして、痛みや違和感を抑える治療をします。症状が悪化しないためにも早めの治療をすることが大事です。


虫歯にならないためには・・・

1) 歯科医院で歯磨き指導を受け、正しい歯磨きを身に付けて下さい。
2)
フッ素やキシリトール入りの歯磨き剤やリンス剤でケアしてください。
3)
定期的に検診を受け、お口の健康状態をチェックして下さい。
4) 食事や生活習慣を見直し、健康的な毎日を送ることも大切です


ひろ歯科クリニックではブラッシングの仕方・予防方法・治療について的確に患者様一人ひとりに

必要なアドバイスをさせていただきます。

おひとりで悩まずに、どんな小さなことでもお気軽な気持ちでご相談ください。

歯周病治療


歯周病とは、歯槽膿漏とも呼ばれ、歯の周囲に付いた汚れが原因で歯肉や歯を支える骨に炎症が起こり、歯肉の出血や腫れ、歯の動揺や脱落といった症状を引き起こす疾患です。

治療法としては、歯の汚れを取り 、炎症を抑えることが最も大切なことです。歯の汚れを取るには、毎日のブラッシングを確実に行い、歯科医院で定期検診を行い、歯石の除去やお口のメンテナンスをしっかりと行うことが大事です。

 

歯周病の進行

歯周病の予防と治療

 歯周病の予防と治療には、ブラッシングで口腔内を清潔に保つ事と歯石を除去することが一番です。

また食生活を含めた生活習慣の改善が必要になる場合があります。中でも喫煙は歯周病を悪化させることが大きいです。当クリニックでは患者様ひとりひとりにあったブラッシングについてアドバイスをさせていただきます。

お気軽にどんなことでもご相談ください

 

歯周病治療の流れ

ひろ歯科クリニック

ひろ歯科クリニックはおかげさまで

開業してから13年目を迎えることができました。

これからも患者様に寄り添いながら、治療とケアを大切にしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

〒065-0011  
札幌市東区北11条東3丁目 3-12 

クボタビル2
 
 電話 011-752-8148